本文へ移動

スタッフブログ

現在施工中!

(仮称)プロジェクトH 土間スラブコンクリート準備

2019-02-05
本日2度目の更新、スタッフTです。
 
この現場は鉄骨造なので、基礎のコンクリートの後は
床部分をコンクリートを打設します。
 
土間コンクリートは通常のRC造と考え方が基本的に一緒です。
土からは湿気や冷気がきますので、防湿用のポリフィルム、断熱用のスタイロフォームを敷きます。
(写真1枚目はポリフィルム敷きの状況)
 
水を使用するところと段差をつけたり、排水のための溝のための溝部分には枠を入れて
コンクリートを打設します。(写真2枚目)
写真2枚目の床面に見えている鉄筋の下にあるのが、先ほどの断熱用のスタイロフォームです。
 
写真3枚目は二階の床部分のコンクリート打設前の状況です。
鉄骨工事のときに、床部分には鉄製のデッキプレートという部材を敷いています。
その上に、コンクリート割れ防止のワイヤーメッシュという15cmの格子状になっている金網を入れています。
 
次は、スラブ(床部分)コンクリートの状況です。
 
株式会社宇治野建設
〒880-0906
宮崎県宮崎市南町3丁目4番地2
TEL.0985-51-1788
FAX.0985-51-1805
1.■建築業■
2.■建築設計■
3.■建設業■
4.■土木業■
5.■解体工事業■
TOPへ戻る